スーパーで仮想通貨を買う時代? 米大手セイフウェイなどでビットコイン購入が可能に

米国のビットコインATM業者Coinme(コインミー)がキオスク業者Coinstar(コインスター)と提携し、米国の食料雑貨店で仮想通貨ビットコイン(BTC)が購入できるキオスクを設置することを発表した。スーパーでパンや卵、ビールなどの他にビットコインを購入する時代が到来したようだ。

発表によると、ビットコインのキオスクでは、2500ドル分(約27万円分)のビットコイン購入が可能。まずは米国のカリフォルニア州やテキサス州、ワシントン州にあるスーパー「Safeway(セイフウェイ)」などで利用可能になるという

コインミーの創業者兼CEOであるネイル・ベルグクエスト氏は、次のようにコメントした。

「躍動する新たな経済圏に消費者が参加しやすくなるでしょう」

コインミーは、2014年に米国でビットコインATMのライセンスを取得した初めての業者。ビットコインATMの台数は世界的に増加していて、CoinATMRadarは、金曜日の時点でビットコインATM4187台を確認。米国にはその約6割にあたる2516台があるという。また、ビットコインATMの市場規模が2023年までに1億4450万ドル(約157億円)に到達するという試算もある