仮想通貨取引所コインベース、英国で即時決済を再開 バークレーズとの提携解消から進展|XRP(リップル)など5種をサポート

仮想通貨取引所コインベースの英国の利用者は、再び即時決済の恩恵を受けられることになった。ブルームバーグが報じた。コインベースでは8月に英国の大手銀行バークレイズとの提携を解消した結果、英国の銀行間の即時決済スキーム(FPS)を使ったポンドの即時入出金ができなくなっていた。

コインベースUKのジーシャン・フェロズCEOによると、コインベースの法人・個人の顧客は60秒以内に入出金ができるようになる。コインベースは、バークレイズとの提携解消後、スタートアップのクリアバンクの顧客になったという。

即時決済ができない場合、入出金には3日ほどかかっていたそうだ。

フェロズCEOは、「仮想通貨業界を理解しリスク管理をするには、かなりの量の投資とリソースが求められる」とし「長期的には仮想通貨業界と伝統的な銀行業界とのギャップは縮まるだろう」と述べた。仮想通貨の関連会社が大手銀行からサービス提供を断られるケースは多い。

【関連記事:仮想通貨取引所コインベース、英大手銀バークレイズとの提携解消か=報道|ポンド入出金に影響も

また、コインベースUKは、XRP、ステラ・ルーメンズ(XLM)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、0x(ZRX)、オーガー(REP)の完全サポートを開始したと発表。これら5つの銘柄は、英国ポンドのウォレットを使ってトレードが売買ができるようになる。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版