トロント証券取引所に新たなブロックチェーンETFが上場

 トロント証券取引所(TSX)に21 日から新たにブロックチェーン上場投資信託(ETF)が上場した。ブルームバーグが報道している。このホライゾンズ・ブロックチェーン・テクノロジー&ハードウェア・インデックスETFは、ハーベスト・ポートフォリオ・グループやエボルブ・ファンズグループの運営する他のETFと肩を並べることになる。

 ETFとは指標、商品、資産のバスケットに連動する市場性のある証券で、そのファンドの持分に比例する形で対応している。ETFは証券取引所で売買されるため、一日を通じて価格が変動する。

 この新たなETFの持ち株にはハイブ・ブロックチェーン・テクノロジーやエヌビディア、デジタル・リアルティ・トラストなど、ブロックチェーン関連のアプリケーションを開発している企業のものが含まれている。

 「BKCH」という銘柄コードで取引される予定のホライゾンズ ETFは、ソラクティブ・ブロックチェーン・テクノロジー&ハードウェア・インデックスに基づいており、ハードウェアとサービスに焦点を当てている。ホライゾンETFマネジメント・カナダのスティーヴ・ホーキンス共同CEOはブルームバーグによるインタビューの中で次のように語った。

 「私たちには個別のどのブロックチェーン企業が軌道に乗るのかわからないし、ブロックチェーンアプリケーションが及んでいく範囲がどうなるかも全くわからない。だが、ブロックチェーンを構築するためにはインフラへの投資が必要なことはわかっている。最終的な勝者が現れる分野はそういったブロックチェーン技術に付帯するサービスとなるだろう」

 ホーキンス氏はブルームバーグに対し、このファンドは現在、時価総額2000万ドルの企業に対する投資について、関連するハイリスクのために目を向けていないと述べた。 「投資家はブロックチェーンにとっての安定したインフラに投資する必要はあるが、必ずしもスタートアップのブロックチェーン開発会社に対してリスクを負わなくてもいい」。

 カナダで史上初のブロックチェーンに基づくETFはハーベスト・ポートフォリオが始めたもので、今年2月に承認を受けた。このファンドは大小さまざまな規模のブロックチェーン企業に焦点を当てていると報じられている。ブルームバーグによると、ハーベスト・ポートフォリオのブロックチェーン・テクノロジーETFは立ち上げ以来25%の損失を出しており、発行価格の10カナダドルから17%下落している。

 今月初め、投資会社のヴァネック&ソリッドXパートナーズ米証券取引委員会に対し、ビットコインに基づくETFの上場を要求する申請を行った。承認された場合、機関投資家をターゲットとするために、このファンドの株価はおよそ20万ドルになるだろうと報じられている。