先週の仮想通貨トップパフォーマー3種、ビットコイン・ネム・ビットコインSV 今後どうなる?

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。データはHitBTCが提供。

BTC/USD

ビットコインは先週、強気サインを示すクロスオーバーを完成した。2015年10月以来だった。トレンド変換を示している。

BTC

(引用元:TradingView

BTC/USDは、4914.11ドルを超えた水準で3週間ほど推移してきた。しかし、強気派は5900ドル突破に苦戦している。

現在、50週間SMA(赤色)がレジスタンスとして機能している。もし強気派が次の下落相場で4914.11ドルを死守すれば、安値での買い支えを示すだろう。あと2、3週間はレンジ相場になるかもしれない。ここら辺の水準での保ち合いは、ポジティブなサインだ。

しかし、もし現在の水準か4914.11ドルから急反発すれば、5900ドルまで急騰するかもしれない。このレベルでの手強いレジスタンスを予想する。

下降局面では、もし弱気派が4914.11ドルを下回れば、20週間EMA(青色)まで下がり、その下は4255ドルが見えてくる。

次の2、3週間は、かなり重要だ。見極めよう。

XEM/USD

トップ20コイン全てが下落するとき、相場全体が崩れるリスクにさらされる。ネム(XEM)は今週、2番目にパフォーマンスがよかった。過去7日間で約9%の下落した。

XEM

(引用元:TradingView

XEM/USDの回復は、直近のレジスタンスである0.07790717ドルで足止めを食らっている。過去3週間、調整が続いている。強気派は、0.060ドル、その下は0.053ドルのサポートを守るだろう。これらが崩れたら、さらなる安値へトライすることになる。

一方、もし0.060ドルから反発すれば、0.07790717ドルのレジスタンスより上を再び目指すだろう。もし成功すれば、0.1ドル付近にある50週間SMA(赤色)、その上は0.13ドルだ。まだ、反発に向けた足場作りができていない。静観しよう。

BSV/USD

ビットコインSV(BSV)は、過去2、3日間のあいだ話題になった。一部の取引所が上場廃止を決めたからだ。直後の急落のあと、価格は安定。上場廃止のニュースで再びビットコインSVを率いるクレイグ・ライト氏が注目されることになった。また、スコットランドのサッカーチーム Ayr UnitedがビットコインSVのロゴをユニフォームに入れるスポンサー契約を結んだ。

BSV

(引用元:TradingView

BSV/USDは、102.580ドルと58.072ドルのレンジ相場で過去2、3週間推移している。3週間前にレンジのトップから下落して以来、ネガティブなニュースが続いたこともあり強い売り圧力に直面している。

弱気派が58.072ドルにあるレンジのサポートを崩せば、黄信号だ。現在、強気派は、心理的に重要な節目である50ドルから反発しようとしている。もし強気派がレンジ内に押し戻したら、58.072ドルと102.580ドルのレンジ相場が今後2、3週間続くだろう。

しかしもし強気派が58.072ドルより上の水準を保てなければ、再び50ドルを割ることになるだろう。そうすれば、38.528ドルまで下がるかもしれない。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Top 5 Crypto Performers: BTC, XEM, BSV, ETH, BNB