「仮想通貨コミュニティーはデータ不足」 SFOX 去年ビットコインやイーサ動かした重要時期を特定

機関投資家向け仮想通貨投資プラットフォームを手がけるSFOXが、「仮想通貨コミュニティーには相場の動きを文脈に落とし込み、投資家の決断を支える必要なデータが不足している」として、2018年にボラティリティ(変動幅)を高めた重大イベントを振り返った。9日付のフォーブスが報じた。SFOXは、毎年こうした分析を公表し、「2018年を通して見た業界の成熟化に貢献したい」と述べた。

SFOXによると、2018年に仮想通貨のボラティリティが上昇した期間は、大きく3つある。

①1~2月中旬

・重要イベント:仮想通貨の窃盗

        フェイスブックと中国による
        仮想通貨の個人への露出を減らす動き

        ビットコイン(BTC)が
        価格操作されていると批判

②8月中旬~9月

・重要イベント:SECによるビットコインETFの延期&拒否
                       
                        コインベースのブライアン・アームストロングによる
        仮想通貨相場の成熟度に関するコメント

        2014年狙い冬眠状態にあったウォレットが
        1億ドル相当のBTCを送金

③11月中旬~12月

・重要イベント:ビットコインキャッシュのハードフォーク

        SECの取り締まり強化

        仮想通貨が終わりでないという
        業界リーダーによる相次ぐコメント

SFOXは、8つの大手取引所、流動性提供者、独自の業界研究からこれらのデータを獲得。マクロレベルとコインレベル(BTC, ETH, LTC, BCH)でボラティリティの高さを調べた。ボラティリティは2019年初頭も続くとみている。

またSFOXは、これに加えて、トレーダーやビジネス、ファンドなどを支えるインフラの進展が見られたと指摘し、伝統的な金融市場と同じようにトレードできる環境が整ってきていると期待を示した。

SFOXは、エアビーアンドビーの共同創設者やYコンビネーターなどから出資を受けていることでも知られている。