先週末の仮想通貨ビットコイン、「ブルトラップの可能性が高い」=著名投資家

先週末のビットコイン上昇はブルトラップ(強気派の罠)だった可能性が高い。著名仮想通貨アナリストのアレッシオ・ラスターニ氏が解説した

ラスターニ氏によると、ビットコイン相場は、3000ドル付近まで下落するシナリオより2万ドル付近まで一気に急上昇する「ワイルドカード・シナリオ」の可能性の方が高い。ただ、ワイルドカード・シナリオ発動条件となるC(底)はまだ形成されていないと指摘した。

(出典:Alessio Rastani「ワイルドカード・シナリオ」)

1つ目の理由は、21日間EMAのレジスタンスを突破していないこと。ラスターニ氏は、先日、今の仮想通貨相場が2017年末のバブル崩壊時と似ている理由として21日間EMAをめぐる一連の動きをあげていた

【関連記事:現在の仮想通貨ビットコイン相場、2017年バブル崩壊時と似ている訳 日本式チャートで著名アナリストが説明

2つ目の理由は、木曜日の時点で、21日間EMAと200日間SMAが合体しており、大きなレジスタンスを形成していることをあげた。

「ビットコインは一時的に大きなレジスタンスを上回ったが、そこで取引を終了していない」

(出典:Alessio Rastani「21日間EMA(水色)と200日間SMA(緑)が合体」)