金の業者が反撃開始、仮想通貨ビットコインの広告は「間違い」だらけ

金の販売業者がビットコイン陣営に反撃を開始した。

GoldMoney.comは、「金をやめて仮想通貨ビットコインに投資しよう」という広告を配信した米国の仮想通貨ファンド「グレイスケール」に対抗して、「金がマネーとしてビットコインがいかに優れているか」を主張した論文を発表。またビットコインと金の比較でよくある「根拠のない作り話」について解説した

以下はいくつかの「神話」についてGoldMoney.comが掲載したものだ。

「ビットコインに重さはない」は間違い

GoldMoney.comは、「ビットコインは自然界でかなり重量のあるインフラが必要だ。計算のためのハードウェア、エネルギー変換機、物理的スペース、エンジニアが必要になる」と指摘し、少なくとも1ビットコインあたり1.69kgのハードウェアが必要になると主張した。

 

「ビットコインはスペース入らず」は間違い

GoldMoney.comは、ビットコインのマイニングに必要な機材を置くスペースは金の保管に必要なスペースの49倍と指摘した。

「金には使い道がない」は間違い

GoldMoney.comによると、ビットコインのマイニングに使われるコンピューターチップは、30万km/s(光のスピード)で電磁エネルギーを処理しなければならない。GoldMoney.comは次のように続けた

「長期間劣化せずに(上記の処理能力)を実現できるのは金だけであり、ビットコインは金を必要としている。一方で金はビットコインを必要としていない。」

米中貿易戦争の激化に伴い、資産の逃避先としてビットコインと金のどちらが良いのかという議論は激しくなっている

【関連記事:景気後退懸念が高まる中、仮想通貨ビットコインと金はどっちが有望な逃避先?トレーダーが議論