不吉な予感?「テザーが再び仮想通貨市場に巨額フェイクマネーを投下」ビットフィネックス批判の急先鋒が指摘

仮想通貨取引所ビットフィネックスの批判の急先鋒として知られるツイッターアカウント名Bitfinex'edが、ステーブルコインのテザーが再び巨額のフェイクマネーを市場に投下し始めているとツイートした。ビットフィネックスとテザーのCEOは同一人物であり、たびたびビットコインの価格操作疑惑がかけられている。

「テザーは再び仮想通貨マーケットに4億ドル(約440億円)近くのフェイクマネーを投入している。彼らは最近、テザーは米ドルに裏付けられておらず、いわゆる「準備金」に裏付けられていると白状した。前回、この規模のフェイクマネーを投下したとき、CFTCの召喚状が出て、マーケットは急落した

テザーは、米ドルと1対1で連動すると主張するステーブルコインだと主張しているものの、先日米ドルに完全に裏付けられているという主張をホームページから削除。「すべてのテザーは準備金に裏付けられている」と書き直した。このことから、「テザーが正式に100%米ドルによって裏付けられていないことを認めた」という声が出ていた。

また2017年12月、ビットフィネックスとテザー社が米商品先物取引委員会(CFTC)から召喚命令が出された。理由は明らかになっていないが、このニュースが報じられた2018年1月以降、仮想通貨相場は急落したのは記憶に新しい。

2018年6月にはテキサス大学のジョン・M・グリフィン教授らが、ビットフィネックスとテザーが共謀して価格操作し、それが2017年末のビットコイン急騰の要因となったという論文を発表。話題を呼んだ。

一方、昨年9月には、「仮想通貨テザーは去年末のビットコイン価格高騰を引き起こしていない」とする論文をクイーンズ大学の研究者ワン・チュン・ウェイ氏が発表している。