仮想通貨(暗号資産)イーサリアム(ETH)基盤のテザー(USDT)は、その人気の高さから、これまで一度もバーン(焼却)されたことがないようだ。

既報の通り、フリップサイド・クリプトの最近のレポートではテザーはイーサリアム基盤のトークンは1枚もバーンされていないことを指摘している。

イーサリアムの人気高まる

テザー社とビットフィネックス(Bitfinex)でCTOを務めるパオロ・アードイノ氏はコインテレグラフに対し、バーンしていない理由として「人気の高さ」をあげた。

また、オムニ(Omni)とトロン(TRON)はバーンしていることを明らかにし、さらに認可されているものの、発行されておらず、裏付けのないERC20トークンを「インベントリ」として保有していると明らかにした。

「我々はまだイーサリアム基盤のUSDTを破棄していない。イーサリアムはここ数ヶ月で最も人気の高いブロックチェーンとなっており、ERC20ベースのUSDTの需要が高まっている。」

(出典: Tether「テザー社の資産」)

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン