スイスの仮想通貨企業シグナム、シンガポールでも銀行ライセンスの交渉進める

スイスの仮想通貨企業であるシグナム社がシンガポールでの銀行ライセンス獲得のために規制当局と話し合いを進めていることがわかった。ブルームバーグが28日、報じた。シグナムはスイスで仮想通貨関連企業で初めてブローカー、ディーラーとして登録された企業。

シグナムの共同創業者のジェラルド・ゴー氏とマティアス・イムバッハ氏がブルームバーグのインタビューで明らかにした。

ゴー氏によると、今年後半にも申請を開始することになるという。

スイス金融市場調査局(FINMA)は26日、シグナムとSEBAクリプトに対し、銀行および証券ディーラーのライセンスを与えたと発表した

【関連記事:スイスの仮想通貨企業2社、銀行ライセンス取得 | 機関投資家向けサービスの展開目指す

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版