セキュリティトークン発行・管理の米セキュリタイズ、ソニーフィナンシャルベンチャーズなどから資金調達

セキュリティトークンのプラットフォームを運営する米セキュリタイズは、ソニーフィナンシャルベンチャーズとグローバルブレインから資金調達を行った。セキュリタイズが3日に発表した

ソニーフィナンシャルベンチャーズとグローバルブレインが運営するSFV・GB投資事業有限責任組合が、セキュリタイズに出資した。

今回の調達は昨年9月に実施した1400万ドルの調達ラウンドの延長だという。昨年9月の資金調達には、三菱UFJイノベーション・パートナーズ(MUIP)や野村HD、スペインのサンタンデール銀行が運営するベンチャーキャピタル(VC)などが参加している。

セキュリタイズは昨年11月、SBIホールディングス傘下のSBIインベストメントからも出資を受けている

さらに昨年12月には、日本市場開拓の一環で日本のブロックチェーン企業BUIDLとの包括的資本業務提携を締結。これはBUIDLがセキュリタイズの100%子会社となる内容だ。

日本関連では、三菱UFJフィナンシャルグループが組織したSTOコンソーシアム「ST研究コンソーシアム」にもセキュリタイズはメンバーとして参加している

【関連記事:米NBA ディンウィンディー選手、契約金をもとにセキュリティトークン発行へ 米セキュリタイズ社が支援

【関連記事:米STOプラットフォームのセキュリタイズ、日本のブロックチェーン企業BUIDLを買収 | 日本市場への進出加速か

【関連記事:SBIインベストメント、STOプラットフォームの米セキュリタイズに出資

【関連記事:MUFGがセキュリティトークンのコンソーシアムを正式発表、スマコンと独自仮想通貨で即時決済目指す

【関連記事:STOプラットフォームの米セキュリタイズ、日本進出に意欲 | ドミンゴCEO「日本のパートナーと緊密に協力」

【関連記事:三菱UFJや野村HD、サンタンデール銀などがセキュリタイズに出資 有価証券のデジタル化加速へ 仮想通貨取引所コインベースなども投資