韓国、仮想通貨取引所をベンチャー企業としての支援対象から除外

 韓国の中小企業庁と中小ベンチャー企業部(MSS)は13日、以前の決定を変更し、仮想通貨取引所をバーやナイトクラブと並んで位置付け、ベンチャー企業としては支援しない方針を示した

 リリースの概要は以下の通り。

「中小ベンチャー企業部(MSS)は仮想通貨取引やイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の取り締まりを意図しているのではない。しかし、投機の問題などがあり、仮想通貨取引所を、政府がベンチャー企業として支援するターゲットとしては位置付けない」

 MSSは、ブロックチェーン技術を強化し、関連企業を政府レベルで支援していくと付け加えた。韓国はブロックチェーン含む8産業に来年、今年予算の65%増のおよそ5000億円を支援すると発表している。