韓国コインピアが取引停止 本人確認義務履行できず

 韓国の仮想通貨取引所コインピアが法定通貨の入金受付および仮想通貨売買を停止した。同社の声明によると、本人確認関連の規制要件を満たせなかったことが原因だという。

 韓国では昨年12月に仮想通貨取引の規制強化を発表。1月30日から、銀行口座の名義とマッチした実名でしか法定通貨と仮想通貨間の取引ができなくなっていた。

 コインピアによると1月30日に現金による入金受付を停止。取引停止は銀行との間で行われる本人確認のための必要なシステムが確立していないことによるものだという


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー