韓国の行政区がブロックチェーンに基づく「企画評価システム」を作成

 韓国の永登浦区が、行政手続きの公平性と整合性を向上させるためにブロックチェーンに基づく「企画評価システム」を構築した。19日の政府による報道発表で明らかになった

 韓国南西部の行政区である永登浦区が、企画評価プロセスの整合性、透明性、信頼性を向上させるために、ブロックチェーンに基づく「企画評価システム」を備えた新技術を通じて効率的な行政を提供しようとしている。

 行政手続きにブロックチェーン技術を採用することで、リアルタイムでの結果の開示、企画審査会議の開催、交渉結果の発表など既存の評価プロセスを改善する。

 報道発表では、評価委員会がその決定をブロックチェーン上で「デジタル的に署名する」方法、「そして評価結果を(永登浦区庁の)ホームページにリアルタイムで表示する」方法が説明された。チャイ・ヒョンイル永登浦区長は報道発表で次のように述べた。

「第4次産業革命の新技術であるブロックチェーンを利用することで、区の信頼性と整合性がさらに向上することを期待している」

 コインテレグラフが先月報じたように、韓国は最近、ブロックチェーンの楽園になり第4次産業革命を牽引するという意向を表明している。韓国の規制当局は先週、ブロックチェーン事業の市場参入をより容易にするために、ブロックチェーン投資に関する法整備を進めると誓約した。同国政府も、国内のブロックチェーン産業に関する新たな産業分類基準の策定に着手している。この基準は7月末までに公開される予定だ。