仮想通貨XRPエコシステム拡大目指すソロジェニック、取引所コインフィールドでIEOへ【ニュース】

仮想通貨XRPに特化した仮想通貨取引所コインフィールド(Coinfield)は、21日、ソロジェニック(Sologenic)のIEOを2月18日に開始すると発表した

ソロジェニックは、XRPレジャー上に構築されたエコシステムで伝統的な資産と仮想資産の統合を目指す。株式やETF、法定通貨連動型のステーブルコインのトレードを可能にする。世界の25以上の取引所と連動しており、利用者は3万以上の株とETFのトークン化ができるという。

ソロジェニックでは独自トークンのソロ(Solo、Ƨ)が仮想通貨と株やETFの仲立ちをする。

コインフィールドは、2月18日~25日にソロのIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を行う。2020年第1四半期に公開トレードが開始される前に0.25USDT(テザー)という固定価格でソロが買える最後の機会になるという。

ソロは、IPOの間、USDT、USDC、XRPで購入が可能だ。

【関連記事:アップルやテスラ株がXRPレジャーで取引可能に?仮想通貨取引所コインフィールドが新プロジェクト発表|日本人ユーザーも対象