アップルやテスラ株がXRPレジャーで取引可能に?仮想通貨取引所コインフィールドが新プロジェクト発表|日本人ユーザーも対象

XRPレジャーを使ってアップルやテスラなどの株がトレードできるようになるかもしれない。

カナダの仮想通貨取引所コインフィールド(Coinfield)は、15日、XRPレジャー(XRPL)で株式やETF、法定通貨連動型のステーブルコインのトレードを可能にするエコシステム、「ソロジェニック」を発表した。

ディクリプトによると、ソロジェニックは来年から稼働する予定。「伝統的な金融市場の資産(ブロックチェーンの金融システムではない)と暗号資産を融合させるエコシステム」を目指す。

ソロジェニックでは独自トークンのソロ(Solo、Ƨ)が仮想通貨と株やETFの仲立ちをする。

例えば、テスラ株はステーブルコイン版のテスラ(TSLA)であるTSLAƨ、米ドルはUSDƨに転換され、取引される。これらのステーブルコインはコインフィールドでXRPとソロに交換できるようになるという。

世界の25以上の取引所と連動しており、利用者は3万以上の株とETFのトークン化ができる。

コインフィールドのボブ・ラスCEOは、仮想通貨の普及を手助けしたいと話し、日本人ユーザーも見込んでいると述べた。

「例えば日本からのユーザーは、法定通貨をXRPLでトークン化して資金をXRPブロックチェーン上にほぼ瞬時に送ることができる」

先日コインフィールドは、半年前からXRP台帳(XRPL)をベースとした新たなプロジェクトにも取り組んでいるとし、10月15日に詳細を発表すると述べていた。

【関連記事:仮想通貨取引所コインフィールド、XRP台帳上での新たなプロジェクトを示唆