ソフトバンク、5000億円超の評価損計上へ ウーバーとウィーワーク株低迷で=報道【ニュース】

ソフトバンクグループは、巨額投資をしたウィーワークやウーバーの株式低下を受けて、少なくとも50億ドル(約5400億円)の評価損計上を計画している。ブルームバーグが報じた

評価損計上額は、最大で70億ドル(約7560億円)になるという。

ソフトバンクグループは、23日に総額1兆円ほどのウィーワーク支援策を発表。ウィーワークは企業統治の問題や利益率の問題から先月にIPOを延期。市場からの評価が急速に下がっている。

今年1月にソフトバンクグループが出資した際のウィーワークの企業価値は470億ドル(約5000億円)。現在はその6分の1にあたる約80億ドル(約860億円)まで下がっている。

また、ソフトバンクが持つウーバー株の13%は、6月30日から9月30日の間に約35億ドル(約3780億円)も価値が減少したという。

多くの仮想通貨業界関係者もソフトバンクによる米国プライベート企業への投資失敗に注目している。

【関連記事:「ソフトバンクのビジョンファンドはビットコイン投資を」仮想通貨業界の重鎮が提案米株の巨額損失受け

【関連記事:リップルCEO、ソフトバンクのウィーワーク巨額出資に苦言