もし仮想通貨ビットコインが証券だったら、「かなり問題」=SECが見解

米国証券取引委員会(SEC)のスタッフが、ビットコインが証券ではないという見解を改めて示した

サイファーテクノロジーズのビットコイン・ファンドがビットコインを証券と認識して登録しようとしたところ、SECは拒否。次のようにその理由を解説した。

現在のビットコイン購入者がマネジメントや他人の起業家的な努力によってもたらされる利益に頼っているとは思わない。サイファーが本質的に全ての資産をビットコインに投資しようとしているため、投資会社法の下で定義される「投資会社」の基準は満たさないし、フォームN-2に不適切な申請をしたことになる」

さらにSECは、もしビットコインが証券だったら、ビットコインは「未登録のまま公の場で販売される証券」ということになるため「他のかなりの問題が発生することになる」と述べた。

昨年6月、SECのジェイ・クレイトン委員長は、ビットコインは証券ではないという見解を示していた

【関連記事:米SEC委員長「ビットコインは証券ではない」、一方でICOの多くは証券とみなされると指摘

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版