「クリプトママ」SECピアース委員、仮想通貨業界が規制により阻害されることを懸念

米証券取引委員会(SEC)のヘスター・ピアース委員(通称クリプトママ)は、仮想通貨業界の進歩をSECが遅れさせているという懸念を表明した。5月9日、米カリフォルニア州で開催された証券業界関連イベント「セキュリティ・エンフォースメント・フォーラム」の同氏講演において明らかにした

ピアース委員は、仮想通貨業界の急速な発展を考慮すると、明確な指針の提供というSECの煮え切らないスタンスが、仮想通貨業界の成長を遅らせないか憂慮しているとスピーチ。

業界の新たな進化を理由に、証券法が適用されなくなるわけではないことを考えると、トークン発行が有価証券の提供を意味することをどのように決定するのかが、特に重要だと述べた。

また、ピアース委員によると、規制当局としてのSECは、関連する法律の遵守方法について明確なガイダンスを仮想通貨業界に提供する必要があるという。さらに同氏は、SECのスタイルを「(自分の)望みを明瞭なメッセージで示さず、キャンバスに多くの塗料(要素)を叩きつけるという、(アクション・ペインティングの代表的な画家)ジャクソン・ポロック氏のアプローチのようだ」と評した。

「我々はイノベーションを導くことを試みるべきではない。イノベーションは止められないと認識し、それがもたらす前向きな変化の可能性を受け入れるべきだ。」

ピアース委員は、「米国の証券市場は、歴史的に世界の羨望の的になってきた。SECが仮想通貨分野の足を引っ張ることで、米国市場への名誉ある評価を傷つけることになってほしくない」と付け加えた。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版