ロシア、支払い手段としての仮想通貨ビットコインの禁止を計画か=報道【ニュース】

ロシアが支払い手段としての仮想通貨の利用を禁止する準備をしているとロシアの日刊紙イズベスチヤが関係者の話として報じた

報道によると、禁止を検討しているのはロシア財務相と中央銀行、金融規制当局。ロシアで仮想通貨は、Eコマースや、プログラマーやデザイナーなどフリーランサーに対する給与支払いなどに使われている。またチケットやコンピューター、家具、家賃やホテル代など商品・サービスの購入に幅広く使われている。

ロシアの規制当局は、仮想通貨の犯罪への利用を懸念しているという。また、財務省のバンキング規制部門の副部長であるアレクセイ・ヤコブレフ氏は、最近の仮想通貨に関するカンファレンスで「仮想通貨の支払い手段としての使用には何ら根拠を見出していない」と述べたそうだ。

中央銀行も「もし仮想通貨が支払い手段として法的に禁止される決定がされるのであれば、我々はその立場を支持するのが適切と考える」と話したという。

今月はじめ、ロシア政府がビットコインなどの仮想通貨を押収することを可能にする法律を計画していると報じられた

【関連記事:ロシア政府、仮想通貨を押収するための法律を計画 | 2021年にも開始予定

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン