リップルCEOら、米議会宛に手紙を書く 仮想通貨は法定通貨を”補完する”と主張

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOと共同創業者のクリス・ラーセン氏は28日、共同で米議会宛に手紙を書き、仮想通貨規制の不透明感に対する懸念を示した。

「我々を一括りにしないでください」という文から始まる手紙の中で、ガーリングハウスCEOらは、規制がクリアでなければイノベーションや税収、ブロックチェーン技術が生む雇用に対してリスクが生まれると指摘。次のように述べた。

「我々はこれらの技術を使って責任を持って技術革新を起こそうとする米国の企業が不利にならないよう規制機関に働きかけたい」

またガーリングハウスCEOらは、仮想通貨は米ドルなど法定通貨に「取って代わる」のではなく、「補完する」機会を提供すると主張。「我々は米国に対して責任ある行動をするし、国際法にも遵守する」と述べた。

その上で、インターネットの時と同じように、「米国はこの分野でリードできるチャンスがある」と訴えた。

ガーリングハウスCEOは、トランプ大統領やムニューシン米財務長官のコメントを受けて「仮想通貨業界を一括りにして語ることは重大な問題だ」と主張していた

【関連記事:リップルCEO、仮想通貨を一括りにする規制当局を警戒

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版