リップル社の投資部門、仮想通貨XRP関連プロジェクトへの出資額を明かす

リップルの投資部門Xpringは2018年の5月以降で仮想通貨XRP関連のプロジェクトに5億ドル(約540億円)を投資していたことを2日に明らかにした。

出資対象企業は20社以上。ブロックチェーンゲームのプラットフォームForteなどが含まれる。出資の目的は、XRPの新たな利用ケース創造することだ。「XRPレジャーでの開発に必要なツールや関連ライブラリー、セービス」を提供している。

Xpringは、「XRPレジャー内での開発」、「ブロックチェーン同士の互換性(Interoperability)の向上」、「デリバティブステーブルコインなど分散型金融」の3つの分野を中心に出資を行っている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版