「ビットコインのクジラと同様にリップルは仮想通貨XRP価格コントロールできない」ガーリングハウスCEOが発言【ニュース】

ブロックチェーン企業リップルのブラッド・ガーリングハウスCEOは、5日CNNに出演し、リップル社による仮想通貨XRP売却について「投げ売り」をしているわけではないと説明した。XRPは過去24時間で10%近く急騰している。

「XRPのコミュニティーにおいて、リップルは最も多くのXRPを保有するオーナーだ。私が伝えてきたことは、リップルがXRPエコシステムの成功に最も利害関係を持っているということだ」

昨年、XRPの「投げ売り」批判も一部から出ていた。ガーリングハウスCEOは「投げ売り」をするのは私たちにとってベストではないと解説した。

「我々はそんなことはしない。実際、我々はほとんどのXRPをエスクロー(第三者預託)に入れており、我々は触れない」

XRPは2019年に低迷。約46%のマイナスで取引を終えていた

現在は過去24時間で10%ほどの急騰。0.21ドル付近で取引している。

(出典:Coin360「XRP /米ドル(1日)」1月6日22時25分時点)

また、ガーリングハウスCEOは、リップル社がXRP価格に影響を及ぼす可能性についても否定した。

「クジラがビットコイン価格をコントロールできないようにリップルはXRP価格をコントロールできない」

【関連記事:「仮想通貨XRPの投げ売りをやめろ」コミュニティーの一部がリップル社に抗議、「乗っ取る」との脅しも

【関連記事:リップルCEO3000以上も仮想通貨は必要ない」 2020年はさらに選別進む

【関連記事:【速報】仮想通貨XRPが突如急騰|3週間ぶりに0.20ドル回復

【関連記事:仮想通貨XRP売却は「取るに足らない金額」リップル社CTOが反論

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン