「我々が仮想通貨XRPの成功を一番願っている」リップルCEOが”投げ売り”批判に反論

リップル社のブラッド・ガーリングハウスCEOが、米CNNのインタビューに答え、リップル社が仮想通貨XRPを投げ売りして価格を操作しているという指摘に反論した。

CNNは、一部のXRP保有者が「リップル社が仮想通貨XRPの投げ売りをしている」と批判し「ハードフォークをする」と警告していることに対ついてガーリングハウスCEOに質問。ガーリングハウス氏は、次のように答えた。

「XRPのコミュニティーでは、リップルがXRPの最も大きな保有者だ。そして、我々がXRPのエコシステムの成功を一番願っている団体だ

ガーリングハウス氏は、マーケットでXRPを投げ売りすることは我々にとって得策ではないと述べた。

「我々は、XRPエコシステムの健全な発展にはっきりとした関心を持っている。そんなことをするわけがない。」

同氏は先日、リップル社はXRPの売却はXRPの実用性を高めるために行われていると説明した。

今年、XRPのパファーマンスは低迷している。ツイッターのフォロワーが10万人以上いるCRYPTO BITLORDは、リップル社による定期的なXRP売却を「XRPの投げ売り」と批判し、やめなければ「フォーク」や「コミュニティーによる乗っ取り」をすると警告。他のXRP保有者に対して「リップル・ワン」の下で団結するうように呼びかけた

【関連記事:仮想通貨XRP”フォーク”提唱者、「リップル・ワン」 呼びかける 専門家は問題点を指摘

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版