「肝心な部分わかってない」リップルのガーリングハウスCEO、JPモルガンの独自仮想通貨を批判

リップルのブラッド・ガーリングハウス CEOが、米大手銀行JPモルガン・チェースが開発した独自仮想通貨「JPMコイン」について「肝心な部分がわかっていない」と批判した。

「予想通り、銀行は仮想通貨に対する態度を変えてきた。しかし、JPMプロジェクトは、肝心な部分がわかっていない。今日、閉鎖的なネットワークを導入することは、まるでNetscapeのIPOの後にAOLを立ち上げるようなものだ。2年経ったが、銀行コインは未だに答えになっていない」

その上で、ガーリングハウス氏は、2016年に書いたLinkedInのリンクを貼り付けた。

【関連記事:【追記あり】米大手銀行初 JPモルガンが独自の仮想通貨を開発|ダイモンCEOはビットコイン批判の急先鋒

既報の通り、JPモルガンのコインが、「リップルキラー」ではないかという見方に対して、ガーリングハウス氏の2016年のLinkedInを引用して反論するリップラーがいた。

ガーリングハウス氏は、2016年の時点で「銀行が発行するデジタル資産は、それを発行する銀行間においてのみ効率的な決済手段として機能する」と指摘していた。

【関連記事:”リップルキラー” JPモルガンの独自仮想通貨 リップル(XRP)とSWIFTにとって痛手?|見方分かれる