仮想通貨取引所大手バイナンス、2019年第1四半期の利益は66%増

仮想通貨取引所大手バイナンスの2019年第1四半期(1ー3月)の利益は、前四半期から66%増の7800万ドル(約87億円)だった。仮想通貨ニュース、ザ・ブロックが4月16日に報じた

ザ・ブロックが報道した数字は、バイナンスが実施したバイナンスコイン(BNB)の7回目の四半期バーン(焼却)のデータを参照し推測したとみられる。同取引所が今年の第1四半期に純利益の20%を使って焼却したのは約83万BNBだった。バイナンスは純利益の20%を使って独自トークンのBNBを買い戻し、1億BNBを破壊するとしており、ザ・ブロックはこの原理で同取引所が決算書を公開しなくとも数字がわかるとしており、昨年の第4四半期の純利益は4700万ドル(約53億円)だったとしている。

コインマーケットキャップのデータによると、バイナンスコインは最近時価総額ランキングで7位。バイナンスのブログによると、同取引所はこれまで全バイナンスコインのうち5.82%を焼却したという。

先日、バイナンスは、ビットコイン(BTC)とアルトコインの価格はすでに底をつけたと報告していた。

仮想通貨翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Research: Cryptocurrency Exchange Binance Registered 66% Profit Increase in Q1 2019