「ビットコイン伝道師」のロジャー・バー、自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライトから訴訟を受ける

「ビットコイン伝道師」ロジャー・バー氏が自称サトシ・ナカモトのクレイグ・ライト氏から名誉毀損で訴訟を受けた。Decryptが2日に報じた。昨年11月にビットコインキャッシュのハードフォークの際に激しく対立した両者だが、ついに訴訟問題に発展する事態となった。

記事によると、バー氏は以前ユーチューブでライト氏は「詐欺師で嘘つき」と発言。これがライト氏による訴訟につながったという。このYouTubeビデオは、規定違反で現在削除されている。バー氏は、法廷で争う姿勢を示したそうだ。

ライト氏は、名誉毀損での訴訟を連発している。

先月はビットコインのライトニングネットワーク普及を目指す運動「ライトニング聖火リレー(Lightning Torch)」を始めた@hodlonaut、英国の仮想通貨ポッドキャスターのピーター・マコーマック氏を名誉毀損で訴えた。

こうしたライト氏の姿勢に対して嫌気をさしたバイナンスやクラーケンなどの取引所は、ライト氏が率いるビットコインSVの上昇廃止を決定した

昨年11月のビットコインキャッシュのハードフォークの際、ライト氏が率いるビットコインSVとバー氏やジハン・ウー氏が率いるビットコインABCは激しく対立。ライト氏はバー氏に対して「くたばれ」などと暴言を吐き、ビットコインキャッシュ を暴落させると脅迫した

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版