米国のブロックチェーン支出 2025年までに13倍以上に膨らむ見通し

米国のブロックチェーン支出は、2025年に今年の13倍以上に膨らむに見通しだ。市場調査データプラットフォーム「リサーチ・アンド・マーケッツ」が3月25日に公開した報告書で明らかになった。

報告書「米国ブロックチェーンビジネスの機会と展望データブックシリーズ(2016-2025)」によると、米国のブロックチェーン支出は、年複利成長率(CAGR)44.5%で、2019年の31.2億ドルから2025年までに411億ドル(約4兆5000億円)に達するとしている。

レポートによると2018年に米国のブロックチェーン支出は16億ドルだった。調査は米国11産業75以上の分野におけるブロックチェーンの市場機会とリスクを対象に行われた。

以前にコインテレグラフでも報じた、3月上旬に発表された市場調査会社インターナショナルデータコーポレーション(IDC)のレポートでは、世界のブロックチェーン支出は2018年から2022年にかけて急成長し、5年間でCAGR76%の124億ドルに達すると予測されている。

地域別では、米国が最大で、11億ドルのブロックチェーン支出が見込まれており、西ヨーロッパと中国がそれに続き、それぞれ6億7400万ドル、3億1900万ドルの支出が見込まれる。


翻訳 ロシアンOLちゃん
14歳の時に来日してから日本が好きになり、日本語の勉強を始める。大学卒業後、商社、PEファンドなどを経て、現在ではブロックチェーン産業に携わり、SNSでロシアや欧州のブロックチェーン、クリプト情報を発信している。

編集 コインテレグラフ日本版
原文 Report: Blockchain Spending in US to Reach $41 Billion by 2025