不動産も仮想通貨で買う時代、米国の不動産王がマンハッタンのコンドミニアムをビットコインで販売【ニュース】

米国で不動産王として知られるマグナム・リアル・エステート・グループのベン・シャウール社長は、米ニューヨーク・マンハッタンのアッパー・イースト・サイドにあるコンドミニアムを1530万ドル(約16億円)相当のビットコイン(BTC)で販売した。不動産雑誌のザ・リアル・ディールが11月1日に報じた

台湾拠点のアフルエント・インターナショナルLCCが購入したという。

シャウール氏自身はコメントを拒否しているが、マグナムの取引代理を手掛けるジェット・リアル・エステートのエリック・へドバット氏は、今回のトランザクションが「シームレスなプロセス」だったと表現している。

マグナムは、昨年も、今回と同じビル内の不動産を他2人のバイヤーと、それぞれ87万5000ドル(約9500万円)と148万ドル(約1億6000万円)でビットコインで取引している。

シャウール氏の別の不動産もビットコインでの購入オプションを掲示していたが、これは昨年、ブロンクス区拠点の投資家マーティン・シャピロ氏が最終的に現金で8200万ドル(約90億円)で購入している。

今回の報道によると、マグナム以外でも、昨年、ブルックリン拠点のレンタル管理会社が、支払いに仮想通貨を受け付ける

大手不動産会社コーコランが現在掲載しているマンハッタンのアッパー・イースト・サイドの不動産のうち2900万ドル相当がビットコイン、イーサリアム、リップルでの支払いを受け付けているという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版