BTC/USDT

ビットコインは8月7日に45,451.67ドルのレジスタンスをブレイクアウトしたが、200日SMA(44,954ドル)で壁にぶつかった。8月8日には、弱気派は42,451.67ドルのブレイクアウトレベルの下に価格を引き戻そうとしたが、失敗した。

BTC/USDT daily chart. Source: TradingView

BTC/USDTペアは今日、42,451.67ドルのレベルで反発し、強気派は価格を200日SMAの上に押し上げた。強気派が200日SMAの上で価格を維持すれば、下降トレンドの終わりを示唆する。

その後、50,000~51,500ドルのレジスタンスゾーンまで上昇する可能性があるが、ここでは弱気派が厳しい抵抗をするだろう。

ここから下降に転じても、200日移動平均線を上回っていれば、上昇トレンド継続の可能性が高まる。51,500ドルを上回れば、60,000ドルへの上昇の道が開けるだろう。

この強気の動きは、価格が下降に転じてブレイクアウトレベルである42,451.67ドルを下回れば、短期的には無効となる。その後、次のサポートである36,670ドルまで下落するかもしれない。

ETH/USDT

イーサ(ETH)は、8月7日に心理的水準である3,000ドルを超えて急騰し、調整が終わった可能性を示唆している。強気派に対して、弱気派は3,000ドル以下に引き戻すことで罠を仕掛けようとしたが、強気派は踏みとどまった。

ETH/USDT daily chart. Source: TradingView

今後、強気派は上昇トレンドを再開し、価格を3,500ドル、そして心理的なレジスタンスである4,000ドルまで押し上げようとするだろう。しかし、ここ数日の急激な上昇により、相対力指数(RSI)は買われすぎの領域に入った。

このことは、短期的には上昇が過熱していることを示唆しており、調整局面に入る可能性がある。弱気の最初の兆候は、2,893.23ドルを下抜けたときだ。そうなると、2,500ドルまで下落する可能性がある。

XRP/USDT

XRPは8月7日に0.75ドルのレジスタンスと200日SMA(0.79ドル)を超えて急騰し、ダブルボトムパターンを完成させた。今日、価格はブレイクアウトレベルから反発し、強気派がこのレベルをサポートに反転させたことを示している。

XRP/USDT daily chart. Source: TradingView

強気派が価格を0.84ドル以上に押し上げると、XRP/USDTペアは1ドルから1.07ドルの頭上のレジスタンスゾーンに向かって上昇する。このゾーンをブレイクアウトして上でクローズすれば、新たな上昇トレンドが始まるだろう。

あるいは、価格が直上のレジスタンスから下降に転じると、200日SMAまで下落する可能性がある。このサポートに跳ね返された場合、数日間は1.07ドルから0.75ドルの間で推移する。弱気派が有利になるためには、50日SMA(0.65ドル)を下回らなければならないだろう。

BCH/USDT

ビットコインキャッシュ(BCH)は、8月6日に546.83ドルのレジスタンスを上抜け、ダブルボトムパターンが完成した。強気派は過去2日間、ブレイクアウトレベルの保持に成功しており、これはポジティブな兆候だ。

BCH/USDT daily chart. Source: TradingView

BCH/USDTペアは現在、200日SMA(639ドル)まで上昇する可能性があり、ここで強気派は再び厳しいレジスタンスに直面するかもしれない。このレベルをブレイクアウトして終値で上回れば、パターンターゲットである710.13ドルまで上昇する道が開ける。

この仮定に反して、価格が200日SMAから下降した場合、数日間移動平均線の間で揺れる可能性がある。50日SMA(493ドル)を下回れば、450ドルまで下落するだろう。