BTC/USD

ビットコイン(BTC)が強い上昇トレンドにあることを考えると、トレーダーは20日間移動平均線(11,570ドル)への下落で一貫して押し目買いを行っている。強気派はBTC価格がここのレベルから下がらないと考え、上昇が再開するとみているようだ。

出典: TradingView

しかし、8月20日の20日間EMAからのビットコインの弱い反発は、強気派が上昇トレンド再開に自信がないことを示唆しているため、このサポートで積極的に買いを入れていない。

相対力指数(RSI)のネガティブダイバージェンスは、勢いが弱まっていることを示唆している。20日間EMAを下回った状態が続いた場合、トレーダーはBTCがより低いレベルでサポートを見つけるのを待ってから購入する可能性がある。

20日間EMAを下回ると、11,100~10,900ドルのサポートゾーンまで下落する懸念がある。

逆に、BTCが20日間EMAから反発した場合、強気派はBTCが12,113.50~12,460ドルのレジスタンスゾーンまで押し上げようとするだろう。これに成功した場合、上昇トレンドが再開する可能性がある。

ETH/USD

8月20日の20日間EMA(395ドル)からの反発は、415.634ドル近くで弱々しく終わった。これは弱気派がこのレジスタンスを積極的に防御していることを示唆している。弱気派はいま、イーサ(ETH)価格を20日間EMA以下に押し下げようとしている。

出典: TradingView

弱気派がこれに成功した場合、366ドルに下落する恐れがある。強気派はこのサポートを積極的に防衛する可能性がある。このサポートから反発すれば、ETHが数日間は366~415.634ドルのレンジ内で値動きする可能性がある。

RSIのネガティブダイバージェンスは、勢いが弱まっていることを示している。弱気派がETHを366ドル以下に沈めた場合、50日間SMA(321ドル)まで下落する恐れがある。

逆に、ETHが20日間EMAから反発した場合、強気派は415.634~446.479ドルのレジスタンスゾーンを超えて価格を押し上げようと再び試みるだろう。

XRP/USD

8月20日の20日間EMA(0.285ドル)からの弱い反発は、より高いレベルでは買い手が不足していることを示唆している。弱気派がXRPを20日間EMA以下に沈めた場合、0.268478ドルに下落する恐れがある。

出典: TradingView

20日間EMAはフラットであり、RSIは中間付近まで低下した。これは、短期的にレンジ内での値動きとなることを示唆している。0.268478ドルのサポートからの強い反発は強さを示し、強気派は価格を0.326113ドルまで押し戻そうとする。

逆に、弱気派がXRPを0.268478ドル以下に沈めた場合、50日間SMA(0.243ドル)への深い調整となるおそれがある。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は20日間EMA(293ドル)を上回ろうと奮戦している。これは、強気派の買い意欲が欠如していることを示唆している。BCHは280ドルのサポートまで下落する恐れがある。

出典: TradingView

20日間EMAがフラットであり、RSIが50付近にあることは、需要と供給のバランスが拮抗していることを示している。

弱気派がBCHを280ドル以下に沈めた場合、それはより高いレベルでの買い手の不足を示唆しているため、非常にネガティブだ。下落時の次のサポートは、50日間SMA(266ドル)だ。

逆に、BCHが280ドルから反発した場合、強気派は再び326.30ドルに引き上げようとするだろう。

LTC/USD

強気派は8月19日に20日間EMA(59ドル)を守ったが、ライトコイン(LTC)を65.1573ドルの直上のレジスタンスに押し上げることはできなかった。これは通常、トレーダーがしばらく待つと、より安値でより良いエントリー機会が得られると信じている場合に発生する。

出典: TradingView

弱気派が20日間EMA以下にLTC価格を引き下げた場合、56ドルに下落し、さらに51ドルまで下落するおそれがある。このような動きは勢いが弱まり、数日間はレンジ内での値動きとなる可能性がある。

20日間EMAは徐々に上昇しており、RSIはポジティブの領域にあることは、強気派がわずかに有利であることを示唆している。

LTCが20日間EMAから反発した場合、強気派がこのサポートを防衛しようとしていることを示している。これにより、強気派が65.1573~68.9008ドルのレジスタンスを上回ろうとするだろう。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。