BTC/USD

仮想通貨(暗号資産)ビットコインは、8月10日に12113.50ドルの直上のレジスタンスを破れなかったため、短期トレーダーが利益を計上する結果となった。レジスタンスでの反落は価格を、11127ドルの20日指数移動平均線まで引き下げたが、弱気派はこのサポートを破ることはできなかった。

(出典:トレーディングビュー)

これは、強気派が20日EMAのサポートまでの押し目を積極的に買っていることを示している。価格が20日EMAを跳ね返すと、通常、上昇トレンドが再開される可能性が高くなる。

BTC/USDペアが12113.50ドルの上でクローズした場合、13,000ドルへの急速な上昇が起こるだろう。弱気派はこのレベルを守る可能性が高く、その結果、小幅な調整が発生する可能性があるが、強気派が道を譲らなければ、上昇トレンドは14,000ドルまで伸びる可能性がある。

この強気の見方は、10400~10000ドルの重要なサポートゾーンを下回れば無効になる。

ETH/USD

イーサ(ETH)は、価格がここ数日、重要なサポートである366ドルの上を維持しているため、ポジティブな状態が続いている。これは、強気派がこのレベルでの押し目を蓄積していることを示している。

(出典:トレーディングビュー)

移動平均線は正の傾きで、相対力指数はポジティブゾーンに位置していることから、強気派が主導権を握っていることを示している。

下降トレンドラインの上でのブレイクは強さのシグナルとなり、価格が415.634ドルを上抜けてくる可能性が高いだろう。このレベルを上回れば、上昇トレンドは480ドルに達する可能性がある。

ETH/USDペアが下降トレンドラインから方向転換し、357ドルの20日EMAを下回れば、この強気の見方は無効になる。この動きでは、調整がフィボナッチリトレースメントの61.8%である304.367ドルまで続く可能性がある。

XRP/USD

強気派は8月11日に下降ウェッジの上に価格を押し上げたが、彼らはより高いレベルを維持することはできなかった。弱気派はこれを利用して、積極的に売りを進め、XRPをウェッジの下に引きずり込んだ。

(出典:トレーディングビュー)

しかし、強気派は0.27ドルである20日EMA(0.27ドル)への押し目を購入し、現在は0.284584ドルの上に押し戻そうとしている。彼らが成功すれば、それはポジティブなサインとなるだろう。

移動平均線は上に傾斜しており、RSIはプラス圏にあることは、直近のレジスタンスに向かおうとしていることを示唆している。ウェッジと0.307301ドルのレジスタンスを上抜けた場合は、強気のシグナルとなり、0.326113ドルへ上昇する可能性が高まる。

XRP/USDペアがレジスタンスから反落し、20日EMAを下回れば、この強気の見方は無効になる。

BCH/USD

ビットコインキャッシュ(BCH)は、8月11日に284ドルの20日EMAと280ドルのサポートを下回ったが、ポジティブ要因として、強気派が281.87ドル(UTC時間)で1日を終えることができたことだ。

(出典:トレーディングビュー)

今日、弱気派はBCH/USDペアを270ドル以下に急落させ、再び下降を再開させようとした。しかし、強気派が押し目を買い、価格を280ドル以上に押し戻しており、小幅なプラスとなっている。

20日EMAの傾きはフラットで、RSIは中間点のすぐ上にあることは、需要と供給がバランスしていることを示唆している。下降トレンドラインの上をブレイクすることは、強気派が有利となっていることを示す最初の兆候となるだろう。

ペアが280ドル以下をブレイクして終値(UTC時間)をつけた場合、この見方は無効となる。この動きは、価格を260ドルまで押し下げるかもしれない。

LTC/USD

8月11日、ライトコイン (LTC)は56~60ドルのレンジと54.70ドルの20日EMAを下回り、ブレイクアウトレベルの51ドルを再テストする結果となりました。 このサポートから反発したことは、強気派がこのレベルを守ろうとしていることを示しており、ポジティブなサインだ。

(出典:トレーディングビュー)

20日EMAの傾きは水平で、RSIは中間点に近い位置にあることから、数日はレンジ幅を意識した動きを示すだろう。

上昇局面では、下降チャンネルでの上でのブレイクとクローズ(UTC時間)が、強さを示す最初のサインとなる。これにより、60ドルへ上昇する可能性が高まり、その後は65.1573ドルに達するかもしれない。LTC/USDペアが65.1573ドルを上抜けた場合、上昇トレンドが再開される可能性が高い。

現在のレベルから下落し、51ドルを割り込んだ場合、トレンドは弱気派が有利になる。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。