2週間守られたサポート 仮想通貨ビットコイン・イーサリアム・リップル(XRP)のテクニカル分析

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています。

BTC/USD

弱気派は、ビットコインを重要サポートの9080ドルの下に押しやることができなかった。過去14日間、このサポートは守られている。2つの移動平均線は横ばいで、弱気派の支配力が薄れ始めている。現在、強気派は2つの移動平均線より上に価格を押し上げようとしており、強気サインとなっている。BTC/USD

(出典:TradingView

対照的に、もし2つの移動平均線を突破できなかったら、高値での売り圧力を確認することになる。9080ドルを下回れば、次のサポートゾーンである7451.63ドルと6933.90ドルまで下がるかもしれない。次の2、3日が重要な節目となる。

ETH/USD

イーアリアム(ETH)は、過去3日間、上昇トレンド線付近で推移してきた。ここを下回れば、下落に歯止めが効かなくなるかもしれない。それゆえ、強気派にとってここを死守することが大事だ。192.945ドルでマイナーサポートがあるが、ここで止まるとは思えない。

ETH/USD

(出典:TradingView

対照的に、現在の水準から反発して235.70ドルを超えたら、強さを見せることになるだろう。このタイトなレンジでの取引は、長い間続かないだろう。今後2、3日で、上昇か下落かどちらかに大きく動くだろう。

XRP/USD

XRPは、0.30ドル付近から反発した。20日間EMA(青色)と0.34229ドルを超えたら、強気サインだ。また、0.27795ドルと0.45ドルという大きなレンジでの取引も続くだろう。トレーダーは、0.34229ドルを突破したら、ロングポジションを始めていいかもしれない。ストップロスは、0.275ドルに置くべきだろう。

しかし、XRPは保合い状態が長くなる傾向があるので、いつものポジションサイズの50%に止めることを勧める。

XRP/USD

(出典:TradingView

対照的に、|