BTC/USD

仮想通貨(暗号資産)ビットコインは現在、対称トライアングルの内側で取引されている。これは、強気派と弱気派の双方が次の方向性を明確にしていないことを示している。今後需要なのは、いつブレイクアウトが起こるのか、そしてどの方向に動くのかだ。

(出典:トレーディングビュー)

BTC/USDペアは、トライアングルのの底から天井までの約4分の3に達している。そのため、今後数日のうちにブレイクアウトが発生することが予想される。

20日指数移動平均線(10,693ドル)が横ばいであることと、相対力指数(RSI)が中間地点にあることから、強気派と弱気派の勢力が拮抗していることを示している。

トライアングルでは、価格はサポートラインとレジスタンスラインの間を移動する。10月2日のサポートラインからの反発の後、強気派は価格をトライアングルの上に押し上げようとしている。成功すれば、12,460ドルを目標にした上昇相場が始まる可能性がある。

しかし、ブレイクアウトに失敗し、サポートラインを下回れば、9,835ドルまで下落するだろう。今後数日で次の動きを始める可能性が高い。

ETH/USD

イーサ(ETH)は10月1日に下降トレンドラインから下落したが、弱気派はこの動きを活かすことができず、価格は308.392ドルのサポートに沈んだ。月初からのローソク足の下ひげが伸びていることは、低いレベルでの強気派の蓄積を示している。

(出典:トレーディングビュー)

強気派は価格を下降トレンドラインの上に押し上げようとしており、成功すれば、50日単純移動平均線(376ドル)または395ドルへの移動が可能だ。395ドルを上回れば、上昇トレンドが再開するかもしれない。

しかし、弱気派が直上のレジスタンスと50日移動平均線に強いレジスタンスを仕掛けてくるため、強気派の試みは簡単にはいかないだろう。

ETH/USDペアが下降トレンドラインから下落した場合、弱気派は再び価格を308.392ドルまで沈めようとするだろう。このサポートを下回れば、240ドルへの調整が始まるかもしれない。

XRP/USD

10月2日と3日にXRPを0.2295ドルのサポートを割ったことは、20日EMA(0.242ドル)と下降トレンドラインの上に価格を押し上げるという、短期トレーダーからの積極的な買いを引き付けた。

(出典:トレーディングビュー)

20日EMAが横ばいでRSIがプラス圏にあることは、売り圧力が減少していることを示している。もし強気派がこの優位性を利用して、価格を0.26ドル以上に押し上げることができれば、XRP/USDペアは0.303746ドルまで上昇する可能性がある。

しかし、弱気派は簡単にはあきらめないだろう。彼らは現在、50日移動平均線(0.256ドル)で上昇の動きを止めようとしている。下降トレンドラインの下に価格が下落すれば、現在のブレイクアウトはベア・トラップであったことを示すことになる。

BCH/USD

強気派は10月2日の安値で買いを入れたが、高値での買いを維持できていない。これは、20日EMA(225ドル)と下降トレンドラインの強力なレジスタンスラインの近くにあるビットコインキャッシュ(BCH)を買うことに、強気派が躊躇しているからだ。

(出典:トレーディングビュー)

今後数日のうちに強気派が下降トレンドラインを上に押し上げなければ、弱気派は再びBCH/USDペアを210ドルまで沈めようとするだろう。

移動平均線が負の傾きでRSIがネガティブ圏にあることから、弱気派が優勢となっていることがわかる。

しかし、もし強気派が売りを克服して下降トレンドラインを上回れば、50日移動平均線(244ドル)への上昇が可能だ。このレベルは堅固なレジスタンスとして機能する可能性があるが、一度越えれば280ドルまで上昇するだろう。

LTC/USD

ライトコイン(LTC)は再び20日EMA(46.66ドル)に達したが、弱気派からの厳しいレジスタンスに直面している。しかし、ポジティブな面として、10月1日と2日の前回とは異なり、ライトコインの売りが行われていないことだ。

(出典:トレーディングビュー)

LTC/USDペアが支持を失わなければ、上部になる下降トレンドラインへの上昇する可能性が高まる。弱気派は下降トレンドラインで上昇を止めようとするだろうが、強気派がこのラインの上に押し上げることができれば、51ドルまで上昇する可能性がある。

20日EMAは横ばいで、RSIは46以上に上昇していることは、売り圧力が弱まっていることを示唆している。

強気の想定に反して、再び現在のレベルまたは下降トレンドラインから下落した場合、弱気派は価格を41.6298ドル以下に沈めようとするだろう。これが成功した場合、さらに39ドルの重要なサポートラインまで下落する可能性がある。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

ここに表示された見解および意見は、著者のものであり、必ずしもコインテレグラフの見解を反映するものではありません。すべての投資とトレーディングにはリスクが伴うため、意思決定の際に独自の調査を実施する必要があります。市場データは、HitBTCから提供されています

 

【PR】コインテレグラフのレギュラーコメンテーター「トシムリン」が運営する「仮想通貨研究所LINE」の登録はこちらから!トレードにおける情報や「ツボ」と「コツ」を手に入れよう。