Poloniexが5月に17種のアルトコインの取扱を終了

仮想通貨取引所Poloniexが、5月2日付で17種のアルトコインの取扱いを終了すると発表している。 今回の驚きの決定は、火曜日にツイート形式で発表され、BoolberryやVoxelsを含む仮想通貨の取引が終了する。

Poloniexが5月に17種のアルトコインの取扱を終了

仮想通貨取引所Poloniexが、5月2日付で17種のアルトコインの取扱いを終了すると発表している。

今回の驚きの決定は、火曜日にツイート形式で発表され、BoolberryやVoxelsを含む仮想通貨の取引が終了する。

残念ながら今回取引が終了する仮想通貨は他にもBitstar、Coin 2.1、CureCoin、Horizon、I/O Coin、Myriad、NobleCoin、NuShares、Qibuck、Qora、Quatloo、Rubycoin、ShadowCash、SuperNET、Magiなどがある。

仮想通貨の大半の利用者基盤や普及率は小規模なものだが、今回の決定の影響は17もの仮想通貨に及ぶ。

ユーザーと開発者どちらからも、Twitter上で深刻な問題や価値の下落を招くとしてPoloniexには講義の嵐が殺到している。

Boolberryは上場リストからの除外を避ける方法はないのかTwitter上で説明を求めたが、今回の決定に対して、具体的な理由の説明は未だにない。

過去数ヶ月に渡り、アルトコインは動乱の時代を体験してきた。上位10位の仮想通貨とその他多くの仮想通貨に影響が出ており、自然とトレーダーの取引への熱意はヒートアップし、価格高騰を引き起こしている。他にもPoloniexから消える仮想通貨の一つの一例としてShadowCashがある。