チリでの仮想通貨認知率はわずか39%、取引高も僅少

チリで行われた第1回目の金融知識指数調査の結果、仮想通貨を知っているチリ国民は、わずか約39%だったことが分かった。チリ証券保管振替機関(DCV)が10月16日に発表した。

DCVに代わって調査を行ったコンサルティング会社Cademは、15の地域首都でおよそ1000人の市民にインタビューした。アンケートには、仮想通貨の認識に関するセクションが含まれていた。

仮想通貨、特にビットコイン(BTC)について知っている、デジタル通貨について聞いたことがあると答えたチリ人男性は51%、女性は27%だった。

より若いチリ人(18歳から34歳)は、高齢者よりも仮想通貨を認知している。経済所得別では、高所得層の75%が仮想通貨を認知しており最高で、中所得層(58%)、低所得層(36%) と続いた。

一般知識に関して、チリ人は金融分野における意識のレベルが有意に低かった。市民が知っていると主張している金融用語のリストの中で仮想通貨は最後であり、一方で、銀行、保険会社、財務省は最も親しみやすい用語だった。

オンラインのBTC統計サービスのコインダンスによると、チリには近隣の南米諸国と比較してBTC取引量が大幅に低い。毎週販売されるBTCの額はわずか60 BTCという。