ノルウェー中銀、デジタル通貨の開発検討

 ノルウェーの中央銀行であるノルウェー銀行が、貨幣と通貨制度への信頼を確かなものとするために、現金を補足するものとして独自のデジタル通貨の開発を検討している。18日のワーキングペーパーで明らかになった。

 ノルウェー銀行の作業部会が準備したこのレポートでは、中央銀行によるデジタル通貨(CBDC)の発行を評価する際に考慮すべきだと考えられる要素が調査されている。著者らはCDBCには少なくとも3つの用途がありうると強調した。その用途とは、民間銀行への預金に代わる信頼できる代替手段の導入、現金を補うのに相応しい法定通貨、電子決済システムのための独立した予備のソリューションだ。

 同レポートには、CBDCは利用者に資産保管のための代替手段を提供できると記されている。ノルウェー銀行によると、CBDCの創設が、同行やその他の金融機関の貸付能力に影響を与えることがあってはならないという。需要がある限りノルウェー銀行は貨幣を発行し続ける計画があるとしている。作業部会はCBDCに関する調査の初期段階を終えただけであり、次のように述べている。

「ノルウェー銀行がCBDCの導入に率先して取り組むべきかどうかの結論を出すのは時期尚早だ。CBDCの影響(そして社会経済の費用対効果の分析)は具体的な設計に左右されるだろう。同様に、設計はCBDCを導入する目的に左右されるだろう」

 欧州の他の国々も、中央銀行を通したデジタル通貨発行を検討し始めている。スウェーデンのリスクバンクは流通通貨量の減少を受けeクローナを検討している。コインテレグラフは先日、スイス連邦参事会が、官製デジタル通貨の導入に伴うリスクと可能性を調査するよう求めたと報じた。スイス連邦議会の下院は目下、連邦参事会による、この調査要請を支持するかどうかを決める必要がある。この提案が承認されれば、スイス連邦財務省が調査を行う。

  • フォローはこちら: