北朝鮮がビットコインを大量保有か ハッキング被害で倒産した仮想通貨取引所も

 セキュリティ企業の米クラウドストライクのジョージ・クルツCEOは、北朝鮮がサイバー攻撃を仕掛けるためビットコインを貯めこんでいるとのべた。米CNBCに語った。

 北朝鮮が韓国にサイバー攻撃を仕掛けるために仮想通貨を使うのではという報道が相次いでいる。これについてクルツ氏は北朝鮮がビットコインを盗んでかき集めていることは疑いようがないと述べた。

 クルツ氏は「ビットコインや仮想通貨を取り扱っている企業は特に注意が必要」とした。

 韓国では仮想通貨取引所でのハッキングが増えるにつれ、矛先を北朝鮮にあてる傾向が強まっている。

 今年7月には主要取引所であるビッサムの準備金が大量に盗まれた。

 また、今週ユービットがハッキングの被害をうけ資産の17%を失い、破産申請した。このハッキングは北朝鮮のハッカー集団の仕業とされている。

 クルツ氏は「北朝鮮はビットコインを隠し持っている。ビットコインは匿名性が高い通貨だ。ビットコインに名前はなく、どんな制約もかいくぐることができる。そしてその価値は爆発的に上昇している。」と指摘したうえで、「北朝鮮が貯めこむには願ってもない通貨だ。」と語った。

 米国政府も、世界中の企業システムを攻撃しビットコインを身代金として要求した大規模サイバー攻撃「ワナクライ」の首謀者が北朝鮮だと指摘している