仮想通貨ビットコインの強気相場説、複数の指標が支持

ビットコインは強気相場なのか?複数の指標は、イエス説を支持しているようだ。

トレンド転換?

過去1週間、ビットコインの今後に対する短期的な投資家の心理は改善したようだ。

ビットコインが4000ドルから1万3000ドルに上昇する中、以前のレジスタンスが弱々しいサポートだということが明らかになり、多くの投資家は7500ドル〜8500ドルまで下がって反発すると予測した。

しかし、その後、ビットコインが9100ドル付近でダブルボトムを形成し、7500〜8500ドルまで下がらなくとも9000ドルからトレンドが転換するという見方も一部で出た。

Picture 1

7月28日以降、ビットコインは低い取引量をものともせずに19.6%上昇。1万800ドル付近まで回復した。1万800ドルは、重要なレベルだ。最近の上昇に対する38.3%のフィボナッチリトレースメントの水準であり、1万1200ドルのレジスタンスから数百ドル離れている。

執筆時点(8月5日10時45分)では、1万1300ドルを突破。レジスタンスを突破した。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(1日)」)

心理・テクニカルの面から大事なのは、1万1200ドルを突破した水準で価格が維持されることだ。そうなれば、ビットコインは4000ドルから2019年の最高値をつけた上昇ウェッジに戻ることになる。

Picture 2

週ベースのチャートを見てみると、ビットコインはハイ