仮想通貨取引所ビットフィネックス 4月以降に巨額ビットコインとイーサリアムが流出 相場上昇圧力か

巨額資金損失隠蔽疑惑に揺れる仮想通貨取引所ビットフィネックスから4月末以降、巨額の仮想通貨が流出していたことが明らかになった。16日付のブルームバーグが報じた。ビットコインには上昇圧力となったという見方も出ている。

データ分析会社のトークンアナリストによると、4月26日以降でビットフィネックスから17億ドル(約1870億円)以上のビットコインとイーサリアムが流出。ビットフィネックスでテザー売りが相次ぎビットコインの急騰につながったのではないかと見られている。

先月末にニューヨーク州の司法長官にビットフィネックスとテザーが訴追されて以降、テザーに対する信用不安が再燃。ビットフィネックスとその他の取引所のビットコイン価格に数百ドルの乖離が生まれ、「ビットフィネックス・プレミアム」と呼ばれた

【関連記事:アルトコイン”降伏”?仮想通貨ビットコインが一人勝ちの展開|ビットフィネックス・プレミアムも縮小

また、ビットフィネックス、ビットメックスバイナンスクラーケンを含む取引所からの資本流出額が流入額を約6億2200万ドル(約684億円)も上回っている。

テキサス大学のジョン・M・グリフィン教授は、「賢い顧客は自分の資金を取引所で管理しないで、仮想通貨を取引所から出すだろう」と解説。ビットコインの上昇圧力になる可能性があることを指摘した。