ハッシュパワー取引所ナイスハッシュがハッカーに約67億円分のビットコインを奪われる

 仮想通貨採掘のためのハッシュパワー(演算力)を取引するサービスを提供するナイスハッシュ(本拠地スロベニア)が6日、ハッカーによって約67億円相当のビットコインが奪われたと発表した。被害にあったユーザーによると、ナイスハッシュ内のビットコインアドレスから、何者かのアドレスに資金が移されたという。

 ナイスハッシュが米オンライン掲示板Redditに発表した声明によると、

残念ながら、ナイスハッシュのサイトを対象にしたセキュリティ侵害が発生した。現在事件の性質を調査をすすめており、今後24時間営業を停止する。決済システムが侵害され、ナイスキャッシュのビットコインウォレットの中身が奪われてしまった状態だ。正確にどれくらいのビットコインが盗まれたか検証をすすめている。

明らかに、憂慮すべき事態で、状況を修正するための努力を続けている。独自の調査に加え、関連当局と法執行部門への通報をし、緊急の事態として全面協力している。

ナイスハッシュ社は営業を再開するとしているが、これだけ大きなハッキング事件が発生した直後にどれだけユーザーが戻ってくるかは不明だ。

同社は続けて、

最大限のセキュリティ対策をもっていち早くナイスハッシュのサービス再開に向け全力で取り組んでいる。

事態の究明には至っていないが、ユーザーには万が一のためパスワード変更を勧める。多大な迷惑をおかけしており深くお詫び申し上げる。問題解決に向け全てのリソースをもってあたっている。

仮想通貨採掘のための演算力を取引する市場を運営

 ナイスハッシュは厳密にはマイニング・プールではなく、マイニング機器をもったユーザーがハッシュパワーをそれを求めるユーザーに売るのを仲介するサイトを運営している。セラーにとっては採掘利益率の高い仮想通貨を探しあてることなく利益を得ることができ重宝されてきた。また、バイヤーは高価なマイニング機器を買うことなく短期間でマイニングを行う時に使用されていた。


コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー