決済サービス会社キウィ、ロシア初の仮想通貨投資銀行設立

 ロシアの大手決済サービス会社、キウィ(Qiwi)の子会社キウィ・ブロックチェーン・テクノロジーズ(QBT)が、仮想通貨投資銀行「HASH」を立ち上げた。ロシアの報道機関コメルサントが29日に報じた

 コメルサントによると、HASHは「古典的な投資銀行モデル」に沿って構築され、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)のプラットフォームを提供する。QBTのヤコフ・バリンスキー最高財務責任者は、HASHは「資金調達段階において企業をアシストする」と説明した。

 コメルサントによると、HASHは仮想通貨資産投資に特化した国際的ファンドを取り込む計画だ。バリンスキー氏によると、同社はすでに国際的ファンド10社と協業しており、そのうち最大のファンドの売上高はおよそ1億ドル(約111億円)という。

 バリンスキー氏はまた、HASHは、ライセンスを取得した後に、仮想通貨の取引サービスを来年から提供すると述べた。ロシア政府は7月1日までに、仮想通貨とブロックチェーン関連の主な規制の法制化を目指している。

 2007年にモスクワで創業したキウィは、今ではロシアの大手オンライン決済サービスに成長しており、主にロシアやウクライナ、カザフスタン、モルドバ、ベラルーシ、ルーマニア、米国、アラブ首長国連邦で操業している。同社は最近実施された、R3・コンソーシアムによる顧客確認(KYC)アプリケーション試験に参加した39社の国際企業の一つでもある。

 キウィの子会社であるQBTは、国内ブロックチェーン製品の開発を目的に、17年3月に1億ルーブル(約1億8000万円)の資金で設立された

 キウィは17年7月、IT教育のスクリーム・スクールと提携し、民間の「ブロックチェーン・アカデミー」を開校した。同校は、IT専門家がブロックチェーンの原理とブロックチェーンに基づくITソリューションの開発を1カ月で学べるコースを提供している。

  • フォローはこちら: