マスターカード、独自の仮想通貨ウォレット開発を計画か

マスターカードが仮想通貨の決済とウォレットの分野で求人を出していることが明らかになった。マスターカードが仮想通貨ウォレットを立ち上げることを示唆しているかもしれない。

仮想通貨・ブロックチェーン関連の求人は、「商品開発・イノベーション(ブロックチェーン・ソリューションズ・アーキテクト」と「プロダクトマネジメント(仮想通貨/ウォレット)」のディレクター職、ブロックチェーンのプロダクトマネジメントで副部長職の計3つだ。

3つのうち2つでは、「ウォレット・ソリューションズ」と書かれており、仮想通貨ウォレット開発をマネジメントした経験を求められている。

マスターカードは、フェイスブックの仮想通貨リブラの創業メンバーとしても知られている。リブラには専用のウォレット「カリブラ 」があるが、他のウォレットの導入も可能になるとみられており、マスターカードがリブラ用に自社の仮想通貨ウォレットを開発している可能性もある。

【関連記事:フェイスブックの独自仮想通貨プロジェクト「リブラ」のホワイトペーパーが公開 「数十億人をエンパワー」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版