仮想通貨XRP(リップル)連動のETP スイス証券取引所に正式上場

スイス証券取引所(SIX)は2日、仮想通貨XRPに連動するETP(上場投資商品)を立ち上げた。SIXはすでにビットコインイーサリアムに連動するETPを立ち上げている。

ETPは、上場投資信託(ETF)、上場投資証券(ETN)など、取引所に上場している特定の指標の値動きに連動することを目指す商品。SIXは、昨年11月、スイスのスタートアップAmun AG社のサポートを受け、世界で初めて複数の仮想通貨に連動するETP、「HODL」を発表。「HODL」は、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、イーサリアム( ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の5つの仮想通貨と連動する。

先月はビットコイン連動のETP(ABTC)、イーサリアムに連動するETP(AETH)を立ち上げた。XRP連動のETPのティッカーは、「AXRP」となる。

先月、XRP連動のETPがまもなくスイス証券取引所に上場する見込みだと報じられていた。

The Blockによると、SIXはXRPを選んだ理由について、「十分な流動性、良好な開発記録があって無法な活動がなければ、どんな仮想通貨にもバイアスを持たない」とし、「今年、さらに6-8のETPを立ち上げる計画」と話したそうだ。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版 
原文 Major Swiss Stock Exchange SIX Lists XRP Exchange Traded Product