【速報】LINEが仮想通貨取引サービス「BITMAX」立ち上げ LINE上で取引可能 アンドロイド版で先行スタート

LINEは17日、仮想通貨取引サービス「BITMAX」の開始を発表した。LINE上から仮想通貨の取引ができる。日本円の入出金はLINEペイと連動している。17日からアンドロイド版のみで先行スタートした。

BITMAXはLINE上の「LINEウォレット」タブから「BITMAX」にアクセスして、仮想通貨取引や日本円の入出金を行う。

取扱い通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類。

仮想通貨の売買は、LINEからBITMAXのトップ画面上に行き、5種類の仮想通貨の中から選び、売買する数値を入力して行う。

日本円の入出金はLINEペイと連携している形だ。例えば日本円を入金する場合、BITMAXのページから、LINEペイのパスワードを入力し、BITMAXに入金リクエストを行う(出金の場合もLINEペイを通じて行う)。

iOS版については「近日中に対応予定」だとしている

米ビットゴーのウォレット採用

LINEの発表によれば、米ビットゴーのウォレットをBITMAXでは採用している。またセキュリティ面では、顧客資産の分別管理を行い、取り扱い仮想通貨についてコールドウォレットによる管理を導入しているという。

セキュリティ環境の構築には、LIEプラットフォームを設計・構築・運用したチームが携わったとしている。ウォレット管理には専門チームを置いて、対応しているという。

仮想通貨は「今後拡大する領域」

LINEは、仮想通貨取引サービスでは他社が既に先行いているが、まだまだ拡大する余地は大きいと指摘している。

「すでに多くのユーザーを抱えているサービスもありますが、まだまだアーリーステージであり、今後拡大していく可能性を持つ領域だと考えております」

LINEの仮想通貨子会社であるLVCが9月6日に仮想通貨交換業の登録を完了させていた

【関連記事:LINEの仮想通貨取引所、今わかっている3つのこと