仮想通貨ハードウォレット大手レジャー、機関投資家向けカストディサービスで信託会社と提携

フランス拠点の仮想通貨ハードウォレット大手「レジャー」が、機関投資家向け仮想通貨カストディ(資産管理)サービスの提供に向け、香港の信託会社レガシー・トラストと提携した。3月28日にコインテレグラフに共有されたプレスリリースから明らかになった。

初の機関投資家レベルのデジタル資産管理サービスと主張している今回の発表によると、新製品は、レジャーの法人向けウォレットサービス「レジャー・ボールト」に基づく予定。同社は2018年11月、レジャー・ボールト開発のためにニューヨークに進出したと発表した

レジャーのサイトによると、レジャー・ボールトは、仮想通貨ビットコイン(BTC)、ビットキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、ジーキャッシュ(ZEC)など計17の仮想通貨をサポートしている(2019年3月28日時点)。なおプレスリリースでは、今回の提携により、レガシー・トラストはETHのERC-20準拠トークンも管理できるようになると明かしている。

また今回の発表では、仮想取引所のハッキング被害や失敗により、仮想通貨業界が、顧客のデジタル資産を安全に管理できるのかという点で、機関投資家からの信頼が最低のものになっている点に触れている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 Ledger, Trust Company Legacy Trust to Offer Crypto Custody for Institutional Investors