イタリアのサッカーチーム「ユベントス」、ゴールシーンで流れる曲をファンがブロックチェーン使い投票【ニュース】

イタリアのサッカークラブチーム「ユべントス」のファンが、ゴールを決めた際にスタジオで流れる曲をファンと交流できるブロックチェーンアプリ「ソシオス」で決めた。ソシオスが1月6日、ブログで述べた。

同投票は昨年12月に開始。BlurのSong 2が選ばれた。同チーム本拠地アリアンツ・スタジアムで同チームがゴールを決めるたびに流される予定だ。

ソシオスのアレクサンダー・ドレフュスCEOは、以下のように述べている。

「これまで、我々が見てきたトークンは、ほとんどがプロトコルとレイヤーだった。ブロックチェーンそのものだった。今回初めて、実際に人々が実生活でブロックチェーン基盤の資産を活用できた。まだ極めて初期の段階だが、実現した。我々は、ブロックチェーンを2つの目的で使用する。1つは、制限された量のファンジブルトークンであるファントークンを生成して世界中のファンに発言権を与えるため。(もう1つは、)投票の公平と透明性を維持するためだ


翻訳・編集 コインテレグラフジャパン