ジョセフ・ルービン氏「仮想通貨イーサリアムやビットコインに後発プロジェクトの追随は難しい」【ニュース】

イーサリアムの共同創設者のジョセフ・ルービン氏は「イーサリアムは先行者利益があり、後発のプロジェクトが追随するのは簡単ではないだろう」と述べた。現在新しく開発するプロジェクトは証券法の規制を受けることが理由だ。

18日に公開されたForkastのインタビューに答えた

ルービン氏は投資家利益のために、どのプロジェクトもトークンの価格が上がることを保証する必要性があり、コミュニティを成長させるために広く発行し、十分な収入を得なければならず、現在販売されるアセットは証券になるという。

「証券法が関係し、ユーティリティトークンではなく、トークン化された証券と見なされるため、ユーティリティトークンを販売できなくなった。そのため広く公平に販売することができない。」

ルービン氏はイーサリアムやビットコインが普及した当時はほとんど規制されていなかったため、証券法の規制に準拠せずに販売することができたと話した。

「非常に強力に開発されたプロジェクトでさえ、イーサリアムやビットコインの先行者利益と大規模なネットワーク効果に勝つことは難しいだろう」