「仮想通貨リブラは一生実現することない」JPモルガンCEOが発言|ゴールドマンサックスも参加拒否していた【ニュース】

JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOは、フェイスブックの仮想通貨リブラに関して「きちんと整理されたアイデアだったが実現することは一生なかった」という見解を示した。BNNブルームバーグが18日に報じた

米国の首都ワシントンDCで開かれたカンファレンスに登壇したダイモンCEOにとって、リブラはもう過去形のものだ。自社で開発するJPMコインを引き合いに出し、「リブラはユニークなアイデアというわけではなかった」と述べた。

リブラの発行主体となるリブラ協会からはVISAやマスターカード、ペイパルなど7社がすでに離脱した。

また18日、JPモルガンとゴールドマンサックスが6月のリブラのホワイトペーパー発行前に参加を断っていたという報道が出た。両者とも、厳格なマネーロンダリング規制や経済制裁のルールに違反する犯罪行為に使われる懸念を示していたという。

【関連記事:本人には伝わりにくい真実? 仮想通貨リブラ失敗の理由「フェイスブックだから」【独自記事】

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版