VISA、マスターカードより仮想通貨ビットコイン イタリア人のオンラインショッピング事情【ニュース】

イタリア人はオンライン決済でVISA、マスターカードよりビットコインを支払い手段として好んでいる。マーケティング分析企業SEMRushがデータを公表したをイタリアのニュースサイトLa Stampaが報じた

オンラインショッピングで好まれるのは、1位にはペイパル、2位にはイタリアのプリペードカード「PostePay」、そして3位はビットコインだ。

1月あたりの支払い頻度は、ペイパルが約130万回、PostePayはほぼ120万回。ビットコインは21万5800回だった。第4位はアメリカンエキスプレスの18万9000回で、VISAやマスターカードなど他のクレジットカードはたった3万3950回だった。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版